菓子類に関わる学校とは|コーヒーに関する資格をとるために専門学校に通おう|注目の食の学校

MENU

女性

コーヒーに関する資格をとるために専門学校に通おう|注目の食の学校

菓子類に関わる学校とは

レディ

パティシエの世界とは、フランスなどの場合では「早熟を望むならば雛鳥から」という言い回しがある様に、10代の早い内から菓子店に所属して技能を磨くという前提で成り立つ店も多いのが特徴です。それは全世界的に共通する事で、比較的学歴を要する場合はあまり無いと言えます。その為、製菓の専門学校卒業という資格は必ずしも必須であるという訳でもありません。ただ、特殊なパターンの場合には必要になる事があります。それは海外などのケースでも見られる「超高級ホテル」などの、実務経験が最低3〜5年を要する場合において、それが仮に3年未満であっても年齢が25歳以下である場合には学歴を採用の可否の判断補助要素とするという場合です。この場合には、製菓の専門学校卒という資格が役立ちます。

そして製菓の専門学校の卒業と聞けば、パティシエのみを連想されそうな感じですが、これは日本の専門学校、及び海外の製菓関連の専門学校によりよりけりですが、これは「製菓工場勤務の際の採用の可否の判断材料」になるパターンもあります。これは製菓の専門学校が教える内容次第ではあるのですが、菓子類の製造の衛星安全の能力・技能が足りているか否か、それに関連する資格を専門学校卒において取得、または近い内に取得する意思があるか否か、などの場合です。言わば調理系専門学校を卒業するか実務経験がないと試験資格が手に入らない資格などに対して挑戦できる立場であるかという点に論点がいきます。ガソリンスタンドが危険物4種の資格保持種を配置しなくてはいけないのと類似しているパターンです。